高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践

投資ニュース
一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析
ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略
移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ
テクニカル分析をするのなら何をどのように利用するか
バイナリーオプション業者でペイアウトが高いところは

ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略

ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略

ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略

簡単なボリンジャーバンドの解説

ボリンジャーバンドはシグマと呼ばれるものが算出され、そのシグマを中心として上下に幾つかの線を出すテクニカル指標です。この線は最大3本ではありますが2本を基本として使われることも多いです。このシグマで算出されてできる線は標準偏差で求められてできたものでありこの線は抵抗線として値動きが越えないことが多いです。

順張り・逆張りとも両対応

ボリンジャーバンドは順張りと逆張りのどちらの取引でも利用することができます。順張りの方ですがこのボリンジャーバンドはトレンドが発生すると1本目と2本目の間、もしくはシグマを目安にして2本目の間に推移するような仕組みになっているため、この線と線の間で値動きが推移するようになった時がチャンスとなっています。このトレンドの推移を見せる状況の前には線と線のバンド幅が縮んでいる状態になっていることが多く、トレンドによる推移を見せるとなるとその幅が広がっていくことが多いです。トレンド通りに値動きが推移することをバンドウォーク、縮んでいたバンド幅が拡大する様をエクスパンションと呼びます。

一方で逆張りはシグマで求められて表示された線から超える確率が10%以下であることを狙ってその線を抵抗線として取引していく方法です。しかし抵抗線を超えないからといって線自体が広がると値動きもそれに応じて大きな動きとなってしまうためこの逆張りで利用するのであれば相場が上下に移動している、具体的にはボリンジャーバンドの線が上や下へと偏っておらず平行な形となっている時を狙いましょう。

基本的に順張りの方が安定していますがバイナリーオプションでのテクニカル分析として利用するのであれば逆張りの方も利用手段の1つではあるため、そちらの方法も頭に入れておくのがいいでしょう。

ボリンジャーバンドのメリット・デメリット

ボリンジャーバンドの場合は移動平均線と比べるとそのまま単体で利用しても効果を発揮しやすいですが、やはり単体だと「だまし」に遭う不安もあり不安定なところがあるのは否めないです。そのため他のテクニカル指標と組み合わせて利用した方がより安全に的確な分析ができるようになります。

ボリンジャーバンドは逆張りでも利用できるということで相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを0から100の範囲で視覚として見ることができるRSIが相性としてはいいでしょう。そうでなくても値動きとに反する推移を見せるダイバージェンスの発生を確認して取引の対策を取ることもできます。MACDも組み合わせてとしてはいいものの1つでバンドウォークが発生した時はMACDの状態を見ることでそれが信頼できるものかどうかを見極めることができます。

分析は広い視野で確認
テクニカル分析だけに足元を見られずに
バイナリー初心者情報
攻略の基礎はテクニカル
サイト管理者
利用規約
担当責任者
copyright(C)高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践