高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践

投資ニュース
一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析
ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略
移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ
テクニカル分析をするのなら何をどのように利用するか
バイナリーオプション業者でペイアウトが高いところは

一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析

一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析

一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析

予想の情報量が豊富な一目均衡表

一目均衡表はテクニカル指標の中でも特に多くの情報を表示する種類のものです。それ故に完全に使いこなすのは難問であり特に投資の初心者となると情報が一気に表示されるためどう使えばいいか戸惑ってしまうことでしょう。しかし完全に使いこなすことは無理でも部分部分の情報が何を示すか分かればそれでも十分にテクニカル分析としては有用です。バイナリーオプションにおいてもそれは例外ではなく相場の傾向と予想をするのに役に立ちます

一目均衡表の見方

一目均衡表は基準・転換・遅行の3本の線と先行スパンと呼ばれる2本の線で作られた「雲」と呼ばれるもので構成されています。この中でもテクニカル分析として利用するにおいて理解しやすいのは「雲」でありこれは抵抗線の役割を果たす存在です。そのため値動きが雲を超えることはなく、逆に超えるような状態になれば一気にその突き抜けた方向へと動く可能性が高くなります。雲が抵抗線ということで雲が値動きの下にあれば上昇、上にあれば下降傾向と考えていいでしょう。ただ他の抵抗線と違うところとしては雲には厚さが存在し、その厚さによって今の相場の傾向がどれだけ強いかを表します。薄い場合は簡単に突き抜ける可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

取引のタイミングポイントは「クロス」

3本の線の方はクロスとして用いることができ、転換が基準を突き抜けるとクロスの合図でありトレンドが転換することを示します。移動平均線やMACDと同じように下から上へと突き抜ければゴールデンクロスとして上昇に、上から下へと突き抜ければデッドクロスとして下降に転換します。しかしこの一目均衡表の場合は突き抜けた後に基準線がその方向へと動くことが条件となっており、動かない場合はクロスのシグナルとして成立しません

「だまし」防止対策とは

この一目均衡表は情報が多数であるため場合によっては一部の情報だけを表示して別のテクニカル指標と組み合わせるという使い方ができます。移動平均線と組み合わせることで雲だけを表示させ「だまし」を防いだり、そのクロスが正しいかどうかを見極めることができます。ボリンジャーバンドと組み合わせることで移動平均線と同じようにバンドが抵抗線として機能するかどうか、バンドウォークの流れが正当なものかどうかを見極めることができます。

「クロス」のチェックに最適なMACD

オシレーター系と組み合わせることも可能でMACDであれば同じように雲だけを表示させて、そのMACDで出たクロスが信頼できるものかどうかを見極めることができます。
どれと組み合わせるにしても一目均衡表の場合は「雲」を活用すればいいのは間違いないでしょう。それだけ雲は大きな情報となり得るのです。バイナリーオプションの場合は雲を基準にして逆張りするというのもある意味では一種の攻略法になるかもしれません。

分析は広い視野で確認
テクニカル分析だけに足元を見られずに
バイナリー初心者情報
攻略の基礎はテクニカル
サイト管理者
利用規約
担当責任者
copyright(C)高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践