高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践

投資ニュース
一目均衡表と他のテクニカル指標を組み合わせたテクニカル分析
ボリンジャーバンドと他のテクニカル指標の組み合わせで攻略
移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ
テクニカル分析をするのなら何をどのように利用するか
バイナリーオプション業者でペイアウトが高いところは

移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ

移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ

移動平均線でのテクニカル分析と他との組み合わせ

テクニカル分析の基礎であるテクニカル

移動平均線は最も基本的な種類のテクニカル指標です。内容としては3本の線がチャート上に表示されるものであり、この3本の線は違う日数で計算されてできるものでありそれぞれ短期・中期・長期となっています。その計算される日数は自分で設定することができることもあるため人によって違うこともありますが、幾つかのケースが基礎として決められています。

この計算される日数は短くすると相場の転換が見極めやすくなりますが「だまし」にも遭いやすくなり、長くすると「だまし」に遭う可能性は低くなりますが相場の転換に気づくのに遅れてしまいます。どちらにも欠点があるため基礎で決められている日数で利用するのがいいでしょう。

移動平均線で何がわかるのか?

移動平均線のテクニカル分析で分析できるものは相場の現在の傾向と転換するタイミングです。相場の傾向については移動平均線の線は3本とも値動きの支持線、抵抗線になることが多く実際にトレンド相場になるとその値動きを支えるように推移するようになっています。そのためバイナリーオプションにおいてはこの支えるようにして推移する状態が取引のチャンスとなり、移動平均線の線を目安にして順張りすれば短期取引でも勝率を高くすることができるでしょう。

これは見方を変えれば移動平均線がどうなっているかで今の相場が分かることでありトレンドでなくても値動きの傾向によってそれを支えるように動くことが多いため、値動きの下にあれば上昇、上にあれば下降傾向と、どっちにも頻繁に推移する場合は相場の動きが定まっていないと考えていいでしょう。

もう1つの転換するタイミングは「クロス」というもので判断するものであり、短期が中期・長期のどちらかを突き抜けるようにするのがクロスといい、これが出てくると相場の動きがそのクロスの種類に応じた方向へと行きやすくなります。下から上に突き抜けた場合はゴールデンクロスとして上昇傾向に、上から下に突き抜けた場合はデッドクロスとして下降傾向になります。

移動平均線のメリット・デメリット

移動平均線は単純なテクニカル指標であるためそのまま利用すると「だまし」に遭うか、相場の変化に気づくのに遅れてしまいやすいです。そのため攻略として使っていくのであれば別のテクニカル指標と組み合わせることも考える必要があります。

組み合わせるものとしてはオシレーター系のMACD、RSIがあり、MACDの場合はオシレーター系であるため相場の傾向を値動きとは別のところで表示をして分かりやすくし、クロスで利用するものであるため移動平均線の方でクロスが生じてもそれが本当に信用できるものかどうかをMACDの方のクロスで判断することができます。相場の傾向を見るという意味ではRSIの方を利用する手法もあり、こちらは相場の強さを確認して買われ過ぎ、売られ過ぎのラインになった時に移動平均線の動きが転換した場合は取引のチャンスとして見ることができます。

分析は広い視野で確認
テクニカル分析だけに足元を見られずに
バイナリー初心者情報
攻略の基礎はテクニカル
サイト管理者
利用規約
担当責任者
copyright(C)高ペイアウト業者を攻略するため真面目にテクニカル分析を実践